会社情報
■会社概要
社 名
大忠食品株式会社
本 社
〒515-0509 三重県伊勢市東大淀町111番地
TEL: 0596-37-2121(代表) FAX: 0596-37-2131

運転ルートはこちら
出張所
東京 神奈川 千葉 埼玉 愛知 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡
事業内容
各種海藻の製造加工販売
代表取締役会長
西村禎夫
代表取締役社長
西村修一
従業員数
約100名
取引銀行
百五銀行
みずほ銀行
三重銀行
三菱東京UFJ銀行
■沿革
1927年
大阪市北区で昆布問屋を開業
1932年
現住所に昆布加工工場を建設
1935年
第二工場を増設し、ひじきの製造を開始
1941年
大忠昆布合名会社に改名
1949年
第三工場を増設し、あらめの製造を開始
1950年
製粉機を導入し、蒟蒻色付粉の製造を開始
1951年
株式会社大忠商店に改名
1956年
とろろ昆布の製造を開始
1968年
大忠食品工業株式会社に改名
1969年
製粉工場を建設
1973年
乾わかめの製造を開始
1976年
生わかめの製造を開始
1977年
ふえふえわかめの製造を開始
1972年
東京出張所を開設
1981年
山形出張所を開設
1982年
九州出張所を開設
1983年
名古屋出張所を開設
1988年
生わかめ工場を建設
1989年
大忠食品株式会社に改名
1991年
冷凍倉庫を建設
1994年
移動倉庫・昆布包装工場を増設
1996年
岡山出張所を開設
1997年
広島出張所を開設
1997年
あらめ・カットわかめ包装工場を増設
1998年
ひじきの高圧・高温殺菌機完成
1999年
品質管理室にて細菌検査を開始、安全、安心の徹底を図る
2001年
8,464平方メートルの鉄骨3階建(一部4階建)包装工場、配送センター及び原料倉庫完成
2007年
コンプライアンスへの対応を明確にするため、「企業行動規範」を制定
配送センター・わかめ原料倉庫・昆布原料移動倉庫の空調設備を増設
2010年
世界初4波長検出CCDカメラ方式色彩選別機を導入
ひじき原料倉庫の空調設備を増設
新昆布加工ラインを移転
2011年
複合異物選別装置(新機構の磁力選別機・高感度金属探知機・X線異物検出機)を導入